充実した休日を求めてチャレンジし続けるへなちょこおやじのブログです。


by henacyokooyaji

網膜剥離!今日から休めるぞ!へなちょこおやじの入院日記 その12

12月13日(水)

a0153486_2204167.jpg夜中の事件で、みなさんお寝坊と思いきや、全てはいつも通り、俺は俺で、リレハンメルオリンピック団体銀メダルの葛西選手でお目覚め!う~ん今日も胸が痛い! これってスイカップのお姉ちゃんはどうするんだろう?

真剣に余計な心配をしつつも、今日は唯一まともな会話が出来たO崎さんの退院と、寝てばかりいたW辺さんの転科の日です。(糖尿病の階に移るんだって)

それに今日は朝からショックな事が! いつも朝の回診はY田先生なんだが、今日はK方先生だった。術後のチェックらしい。結果として、思いのほか回復状態がいいらしく、早めの退院を決めるかも知れないと言われた。俺様はすかさず、完治してないのに出さないでくれ~っとお願いした。だって独り身なんだし、家で安静になんかしてらんないし、仕事も出来ないならヤダヨ。ここにいた方が、三食昼寝付きだし、楽なんだもんね! 

何か刑務所で刑期を終えた受刑者が、出所しても仕事ないし、身寄りもないので、また悪さして、戻ってくるのと同じ心境かな。気持ちがわかったような気がする。

でも病院も、回転をよくして、新しい患者を入れた方がいいんだろうね。牛丼屋みたいに食ったら早く出ろってか?さみしーい。

それはさておき、O崎さんとW辺さんに別れを告げるやいなや、新人さんのお迎えのため、ベッドメイクのおばちゃん(失礼!元おねえさま)が早速準備に取りかかる。手際がいいね。今度はもう少し若い人が入って来ないかな? 病気より、コミュニケーションで疲れるよ。

爺さん達は普段通り好き放題やってりゃいいけど、一応おいらとしては、親父以上の歳でもあるし、敬意を払いつつ接しなきゃいかんので、結構疲れるのよ。ほんまに。

別の病室は若いのがいるのに、何で俺の部屋は爺さんばっかなのかなぁ~?若い看護婦から見ると、俺も爺さんの仲間にみえるのかなぁ~?まだ頭に毛もあるし、まっすぐ立ってるし、まだまだ現役してると思うんだけどな?と思う間もなく(結構思った。)、直ぐに新入りのご到着。

今度もまたまた期待を外してくれました。78歳のM山さん白内障。76歳のH葉さん白内障。H葉さんは奥様を連れてのご入院。一緒に泊まるんだって。

新しい方の入院の段取りも済み、しばらくして、私が廊下のベンチでくつろいでいると、息子のような私にH葉さんの奥様が声をかけてきて、「も~!うちの人は一人で何にもできないんだから・・・」とぼやいておりましたが、昭和一桁生まれの男性はそういうもんなんですよ。そういう時代を生きてきたんだから。素直に奥様に「付いて来てくれ」と言うだけ、旦那は偉いと思いましたね。余生を仲良く暮してね!

その夜は、明日、24(ツゥエンティーフォーと読みます)のDVDを返さなきゃいけないので、がんばって一気に4話見て、12時半就寝。
[PR]
by henacyokooyaji | 2010-02-27 22:01 | 愉快な入院日記