充実した休日を求めてチャレンジし続けるへなちょこおやじのブログです。


by henacyokooyaji

網膜剥離!今日から休めるぞ!へなちょこおやじの入院日記 その14

12月15日(金)

 今朝も新ネタなし、もう飽きた。で、いつも通り6時起床。

 毎朝6時半頃、朝刊を売りに来るので、暇に任せ、日経と朝日を買って読むのが日課になっているが、部屋の爺さん達は、新聞も見ないし、テレビも見ない。でもなぜか三面記事は良く知ってんだよね?

なんでかなぁ~と、よく観察してたら、耳にイヤホンが付いてるではないか。ラジオを聞いていたのだ。う~ん、これなら読まなくても、見なくても情報は入るよな。

 最近はビジュアル系のメディアが多く、眼からの情報の伝達が大半を占めるようになってきているが、万人に情報を伝えようとすると、やはり読んで聞かせるラジオの存在を侮る事は出来ないね。操作が簡単で、プライベートに情報を収集出来る点では、今でも一番のような気がする。

耳から入る情報は、結構記憶に残るもんね! 特に自分から情報を選択する事なく、与えられた情報を受け入れるだけの人には最適だね。

そんな事を考えてるうちに朝飯の時間。今朝は焼鮭。となりのS木さんが飯を食いながら向かいのH葉さんと何やら会話をしている。耳をダンボにして聞き入っていると、S木さんは北海道の川で鮭を釣った事があるらしい。今でも時々渓流釣りに出かけるそうだ。

a0153486_17154023.jpg何となく目があったので俺様も会話に参加。聞くと、渓流釣り歴30年のベテランで、東北の川はほとんど知ってるらしい。中でも岩手県の和賀川水系が好きらしく、野宿しながら奥の奥まで入り込み、垂直に切り立った屏風のような岩場を下り、50センチクラスのイワナを釣り上げた事もあるそうです。

俺様も負けず劣らず大好きで、仙台に転勤が決まった時も仕事は不安でいっぱいだったけど、渓流釣り三昧が出きるぞ!と密かにワクワクしてやって来たぐらいです。
でも実際は、車を持って来てないので毎回レンタカーでコストはかさむし、一人だと不安なので、臆病な俺様は恐くて一歩踏み外せばさようなら状態の崖を登ったりしながら奥地まで入る事が出来ず、ほどほどの所でチョロチョロやっている為、仙台に来て2シーズン目だと言うのに、今だ尺イワナは2尾のみという体たらく。
それを聞いたS木さんは、退院したら連れてってやるとの頼もしいお言葉!その後昼まで延々釣り話に花が咲き、気が付くともう昼飯の時間。

 趣味が同じとわかると、途端に打ち解けるから不思議だね。ますます入院生活が楽しくなってきたぜ。
夕方、会社のS君が見舞いに来た。今度は雑誌の差入れだ。おかげで、お見舞いでもらった雑誌やゲーム、DVDなんかが、宿題のように積まれて来ちゃった。

入院当初は暇でしょうがないし、どうやって時間を潰そうかと悩んでいたけれど、最近は時間の観念や流れが、大きくなり、つまんないことでも時間が潰せるようになってきちゃったんだよね。その証拠にこの日記も書いてるでしょ。

晩飯を食ったあと、ゲームをしてたら、担当医のK方先生が部屋にやってきた。しばし様子をうかがった後、何と、そろそろ退院かなと言うではないか。 

俺的には、ようやく水面が半分ぐらいまで下がってきたが、まだまだ眼が使える状態ではないと思うのだけど、次から次にやってくる入院患者をさばくために、ある程度目処が立った患者から順に出していくとのこと。え~もう終わりなの? せっかく仕事から離れられて楽しかったのに・・・。

何か釈然としない面持ちで、ご就寝。
[PR]
by henacyokooyaji | 2010-03-21 17:16 | 愉快な入院日記